いろいろと怪しいと言われる事の多い当店の誤解偏見その他もろもろの勇者たちを解こうと、よく聞かれるご質問のQ&Aコーナー設けました。これを見て色々なもやもやをすっきり快調していただければ幸甚の極み。

Q:このアフロのおっさん誰なの?


A:当店の総帥でもある名誉会長チン正男です。

 

Q:ホントにおるの?

 

A:その質問はサンタさんているの?というような愚問です。マクドナルドのドナルドを想像してください。現在は新たな麺料理を求め、遠い南米のどこかにいると伝え聞いております。

Q:油そばって何?

 

A:油そばは、東京都武蔵野地方のある店で60年ほど前に生まれた東京固有のソウルフードです。

一説には、珍珍亭というお店で、ラーメンのスープが切れてしまったある日、何でもいいから食わせろという我がままなお客さんがいて、困った店主が中国のバンメン(拌面)という料理を基に即興で出して、評判になったという説があります。


Q:おたくの店はなんなの?バカなの?

 

A:武蔵野地方で学生時代を過ごした創業者二人が、本物でありながらも革新性のある油そばを自分たちが食べたくて、チン正男さんと共に研究しておりました。それを違うジャンルの店で提供したところ油そばが人気になったので、早稲田の地で創業したのです。

真面目にやってます。

 

Q:おたくの特徴はなんなの?

 

A:京都、川越、四国にある老舗醤油店数種の醤油をブレンド、その後大量の野菜や豚骨と煮込む独自製法で作られたタレが特徴です。また武蔵野油そばは油といっても植物油した使用しておらず、健康的な食品です。特濃油そばについて健康面では何も申し上げることはございません。強いて言えば、早死にしそうなロックミュージシャンが好みそうなのが特濃油そばであると申し上げておきましょう。

 

Q:この麺なんなの?太いよ?

 

A:東京を代表する品質重視の三河屋製麺さんと共同開発した極太麺です。喧々諤々の議論、果てには熱い想いが高まり男たちの殴り合いを経て生まれた納得の麺です。

 

Q:わたし太ってきたけどどうしてくれますの?

 

A:それは油そばのせいではありません。無限ライスの食べ過ぎです。自重してください。

 

Q:修業させてくれるの?どうなの?

 

A:勿論独立希望者も歓迎です。事実池袋の店長は元々早稲田から独立し、今では夏はバカンスを2か月もとって、休みなく働いている創業者たちを歯ぎしりさせる程成功しています。まずはアルバイトから経験してみてください。

と、かようなQ&Aでございました。

怪しすぎるとかいろいろと敬遠される当店ですが、皆さまの疑問疑念の払拭に役立ってくれたならこの上ない慶びに存じます。

 

文責 ロザーリオ

営業時間

早稲田本店
早稲田本店

早稲田店

【住所】

新宿区西早稲田1-18-12

【営業時間】

10:30〜26:00

定休無し。

年末年始お盆休有

池袋店
池袋店

池袋店(分店)

【住所】

豊島区西池袋3-25-81F

【営業時間】

11:00~24:00

定休無し。

年末年始お盆休有

代々木店
代々木店

代々木店

【住所】

渋谷区代々木1-58-7 1F

【営業時間】

月〜金:11:00〜25:00

土曜日:11:00〜22:00

祝 日:11:00~18:00

日曜定休 
年末年始お盆休有

Twitterです。

「チン正男」

@masaotin

 

マイネーム イズ マサオ チン

ドゥー ユー オイル?