当店は、武蔵野地方で共に青春を送り、武蔵野のソウルフードと言える油そばをこよなく愛した男達により創設された油そば専門店であります。

 

「武蔵野の学生に愛されてきた味を広めたい」

日本全国津々浦々にまで広めたい。いや世界に羽ばたかせたい。

その想いが原点にあります。

 

武蔵野伝統の簡素にして味わい深い油そばを念頭に、独自の研究からより濃厚な滋味深い秘伝ダレを開発、特注の極太麺で合わせた病み付き必死の油そばを提供しております。

 

伝統ある元祖B級グルメともいえる油そば。

武蔵野地方で老若男女にこよなく愛された庶民の味を是非味わってみて下さい。

油そばは多磨・武蔵野地方で50年以上前から親しまれてきました。

発祥は諸説あり、実際のところは不明です。

一説には1958年に武蔵野市にある「珍々亭」で店主が中国出身の義姉より教わった汁無し麺を提供したところ、亜細亜大学の学生の間で流行。発展したと言われております。

 

また国立市にある「三幸」で昭和30年代初めに、まかない料理して食べていた汁の無いラーメンをメニューとして出した所一橋大学の学生に広まったのが発祥との説があります。

 

他にも油そばの名店として東小金井市にある「宝華」、吉祥寺の「ぶぶか」などがあり多磨・武蔵野地方で広く親しまれてきた麺料理と言えます。

 

とりわけ亜細亜大学、一橋大学などの学生の間で広まったところから、主に学生たちが油そばを食べ続けてきており「地元の学生によって育てられたソウルフード」と言えるかもしれません。

飾らず庶民的にしてノスタルジックな風情が漂う、それが武蔵野油そばです。

武蔵野アブラ學会プレゼンツ!古きにして新しき油そばのご提案。


それが「武蔵野油そ武蔵野伝統的スタイルをベースとしつつ、シンプルにして切れとコク深き醤油ダレに、もっちりもちもちシコシコ極太麺を絡める事により油そばを新たなステージへと押し上げました。

 

さあ。油そば発祥60年の末裔、ここにあり!でござる。

 

伝統を踏まえ、そして乗り越えた進化系油そば、それが「特濃油そば」なり。


シャッキリ野菜に白濁霜降り背脂が降り注ぐ様はまさに富士山の如し!雄大なる自然をす打ち震える程の濃ゆさ!ニンニクをガツっとのせて啜るとやめられない止まらな味です。

 

反格差。反グローバリズム。反健康! 真のロッケンロール!

スタミナ抜群。濃度120%。ジャストラヴな麺。ラヴ麺ここにあり!

超弩級巨大戦艦油そば「ダブダブダブ特濃」見参!!!

麺ダブル越え、野菜ダブル越え、肉ダブル越えの鵯越え(ひよどりごえ)の逆落とし!

36インチ砲の威力はオハイオ級もワプス級もものならず。弩級巨砲が銀河系を吹き飛ばす様刮目せよ。

全イスカンダル星人が号泣。 

 

ジャスト。油麺ビッグバン!もう。後には戻れない。

Twitterやっております。

「チン正男」@masaotin です。

つぶやきは適当な感じです。

営業時間

早稲田本店
早稲田本店

早稲田店

【住所】

新宿区西早稲田1-18-12

【営業時間】

10:30〜26:00

定休無し。

年末年始お盆休有

池袋店
池袋店

池袋店(分店)

【住所】

豊島区西池袋3-25-81F

【営業時間】

11:00~24:00

定休無し。

年末年始お盆休有

代々木店
代々木店

代々木店

【住所】

渋谷区代々木1-58-7 1F

【営業時間】

月〜金:11:00〜25:00

土曜日:11:00〜22:00

祝 日:11:00~18:00

日曜定休 

Twitterです。

「チン正男」

@masaotin

 

マイネーム イズ マサオ チン

ドゥー ユー オイル?